HOME>掲載学校一覧>北星学園女子中学高等学校

掲載学校一覧
札幌市

北星学園女子中学高等学校20171023

北星学園女子中学高等学校

学校の紹介

アメリカ人宣教師サラ・クララ・スミス先生によって、1887年1月に開校されました。それからまもなく130周年を迎えようとしている、北海道で歴史のある女子校です。中高一貫教育、そして高校課程の両方を併せ持ち、北海道で最初に高校音楽科を導入したりと、女子教育の最前線を走り続けてきました。


hokusei9.jpg

専門に特化したコース選択制度

hokusei5.jpg


・中高一貫コース
中高の枠組みにとらわれず、「6年間」を通して知識と人格を育んでいきます。

・普通科(Highコース・Coreコース)
Highコース・・・確実な学力アップで難関大学合格を目指し、国立大学や難関私立大学への進学をサポート
Coreコース・・・個性を伸ばして、自分らしい進路を叶えることができるようサポート

・英語科
日本人教員だけではなく、選任外国人教員から生きた英語を学ぶことができます。また、英語科の集大成として高校3年生の4月に行われる「英語劇」は半年ほどの準備期間を経て、1つのミュージカルをつくりあげます。公演当日は毎年約1,000人の観客が訪れます。そして英語科最大の特徴として、全員留学する制度を設けています。(短期または長期を選択)

・音楽科
1969年に北海道で初めて高校音楽科として誕生したのが本校。音楽を通して「人に伝えること、人と繋がること」ができるようにと目標を掲げています。kitaraでの定期演奏会や、ウィーンへの修学旅行で本場の音楽に触れる行事・イベントがあります。

多くの体験が「キャリア教育」へ結びつく数々の行事

・花の日、クリスマス礼拝

キリスト教の学校ならではの行事で、生徒が中心となり運営していきます。生徒一人ひとりが花を持ち寄って礼拝し、放課後に道庁や市役所、近所の交番や郵便局など、日ごろお世話になっている方々に花束を届け、感謝の気持ちを伝える「花の日礼拝」という行事や、クリスマスには、在校生・卒業生・市民の方と共に、クリスマスを楽しむ行事もあります。

・中学生の商品開発
高校生での商品開発はよく聞かれますが、北星女子では中学3年生が1年近く取り組む大きなプロジェクトです。毎年、北海道に根付いた企業と協力し、商品開発に臨みます。

hokusei8.jpg

・中学生のカナダ語学研修
中学3年生にして、カナダに語学研修に行きホームステイを体験します。成長過程の早い段階での異文化に触れるという経験、本場の英語の国で過ごすことによる語学力の成長を図ります。

hokusei7.jpg

・スタディツアー
北星女子では修学旅行のことを知識と見聞を広げるため「スタディツアー」と呼びます。「世界」に対する新しい「視座」を持ち、チャレンジし、自分を変え、共に生きる社会について考える目的のもと、2つのコースの選択制を取っています。
<カンボジアコース>・・・現地の中学校・高校をはじめ、孤児院や日本のNGO施設を訪問。異文化を肌で感じます。
<広島・関西コース>・・・主に平和記念公園や大久野島を訪問し、平和学習に取り組みます。

寮完備。地方出身生徒多数

hokusei2.jpg


敷地内には、「スミス寮」があり、定員68名に対し、2017年9月現在で57名が入寮。地方から多くの生徒さんが集まります。

暗い世にあって星のように輝きなさい

hokusei3.jpg


北星学園が大切にしている言葉
「Shine like stars in a dark world(暗い世にあって星のように輝きなさい)」をもとに、「やさしさ」「かしこさ」「たくましさ」をこの学び舎で学び、自分らしさを大切にし、他者と共に生き、輝くことができる女性になれるように目指しています。

北星学園女子中学高等学校
住所

北海道札幌市中央区南4条西17丁目2-2

電話

011-561-7153

URL

http://www.hokusei-ghs-jh.ed.jp

◎Facebookも随時更新中!
北星学園女子中学高等学校Facebook


北星学園女子中学高等学校

この記事は2017年9月14日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。