個性まちまち、179のまち
宗谷

利尻町20161005

利尻町利尻町は、北海道北部の日本海上に位置する利尻島にあります。
全国的にも有名な利尻昆布やウニなど、北の幸に恵まれ、利尻礼文サロベツ国立公園など、自然豊かな漁業と観光の町です。
利尻島は、リシリヒナゲシなどの高山植物や、エゾカンゾウをはじめとする色とりどりの花々が咲く自然の宝庫です。
本町は、離島という地理条件をフルに生かし、「未来に誇れる町づくり」をめざすために、基幹産業である水産業・観光産業の振興を始め、生活環境の整備を重点とし、住んでよかったと実感できる、魅力あるふるさとづくりを目標に町づくりを進めています。

まちデータ

  • 人口:2,120人(平成29年9月末現在)
  • 面積:76.51平方Km
  • 北海道でのまちの大きさランキング:173位

アクセス

  • 稚内空港より稚内港でフェリー。
    稚内港から鴛泊港(約1時間40分・稚内空港からは通して約4時間)
    ※札幌からは通して約6時間50分
    (札幌から稚内までは337km・車で約5時間10分)
  • 夏季のみ:飛行機
    新千歳空港より利尻空港(新千歳空港から通して約2時間30分)/夏季のみ
    東京(羽田)からはトータル約4時間(羽田空港→新千歳空港:約1時間30分+新千歳空港→稚内空港:約1時間)

高校・大学

  • 北海道利尻高等学校

住宅支援

定住促進団地「あけぼのニュータウン」があります。土地は町との賃貸借によるもので、住宅建設の初期投資を抑える事ができます。また、町が設置した公営住宅があり、入居資格要件を満たしている方は、入居できる場合があります。移住を検討されている方には利尻町お試し暮らし住宅があり、低料金で滞在し生活体験をして頂けます。

子育て支援

1年以上利尻町に住み、引き続き定住すると認められる方が3人以上出産した場合、子供3人目から、その保護者に対して1人につき25万円を支給するほか、16歳未満まで月額1万円の児童養育奨励金を支給するなど、支援が充実しています。

医療制度

利尻島国保中央病院のほか、歯科診療所が2カ所あります。高校生までの医療費は無料。ひとり親世帯や両親のいない18歳以下の児童について、入院と通院の保険診療で支払う自己負担分の助成を受けられます。

その他

定住人口の増加を図るため、転入奨励金100万円を支給しております。(単身世帯を除く・諸条件あり)

スポット・特徴

  • 利尻山
  • オタトマリ沼
  • ウニ採り体験

特産品

利尻昆布 / ウニ / タチカマ

利尻町役場
利尻町役場
住所

北海道利尻郡利尻町沓形字緑町14番地1

電話

0163-84-2345

URL

http://www.town.rishiri.hokkaido.jp/

地図を元に戻す / GoogleMapで開く


利尻町

この記事は2017年9月30日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。