個性まちまち、179のまち
後志

古平町20161005

古平町たらこのまち・たらつり発祥の地である古平町は、江戸時代には松前藩の統治下で「古比羅」「フルビラ場所」と呼ばれニシン漁場として拓かれました。その後も漁業を礎として発展してきた歴史をもっています。
古平という地名は現在の古平川と呼ばれている川の名前で、もとはポロベツと言われていたところで、この付近の大事な川でした。この川に赤い崖があって、それをフレピラ(赤い崖)と呼んだのが場所になったと言われています。

まちデータ

  • 人口:3,344人
  • 面積:188.36平方Km
  • 北海道でのまちの大きさランキング:138位

アクセス

  • 札幌から:約76km(車で約1時間45分)
    ※札幌市内から高速。最寄りインター:小樽IC
  • 小樽から:約37km(車で約1時間)
  • 東京から:[最寄り空港]新千歳空港より約125km(車で約1時間10分)
    ※千歳から高速。最寄りインター:小樽IC
    ※フライト時間は約1時間35分

スポット・特徴

  • ニセコ・積丹小樽海岸国定公園
  • セタカムイ岩アイヌ犬神伝説

特産品

たらこ

古平町役場
古平町役場
住所

北海道古平郡古平町大字浜町40番地4

電話

0135-42-2181

URL

http://www.town.furubira.lg.jp/

地図を元に戻す / GoogleMapで開く


古平町

この記事は2016年8月1日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。