HOME>北海道で暮らす人・暮らし方>「生まれも育ちも沼田町」な新米店長奮闘記!

北海道で暮らす人・暮らし方
沼田町

「生まれも育ちも沼田町」な新米店長奮闘記!20180604

「生まれも育ちも沼田町」な新米店長奮闘記!

店長はスーパー勤務歴ゼロ!?

人口減少が進む地方自治体の「買い物難民」問題を解消するために、道北アークスが展開している小型スーパーマーケット「ダ*マルシェ」。2017年4月にオープンしたぬまた店の店長を任されているのは「生まれも育ちも沼田町」ながら、スーパーでの勤務経験はゼロという小野隆弘さんです。

shinmaitentyo_numata_2.jpg

前職は食品配送トラックの運転手。

それではまず、小野さんのプロフィールを簡単にご紹介。
昭和45年、沼田町に生まれた小野さんは、地元の小中学校で学び、沼田高校を卒業。町内のほろしん温泉に就職し、23年間勤務しました。その後、数年、沼田町を離れ、道外や道東のホテル、旅館に勤務しますが、地元に残していた両親や家族を心配し、2年ほど前から生活の拠点を再び沼田町に置いています。町内に戻ってきた小野さんが前職で携わっていたのが、食料品を配送するトラックの運転手です。
「求人雑誌を見て、これなら自分にもできるかなと選んだ仕事でした。旭川の配送センターで荷物を積み込み、近隣のスーパーへ向けて深夜に出発します。これが縁で今の仕事を任されるようになるとは、当時は夢にも思っていませんでしたが」

shinmaitentyo_numata_3.jpg

さまざまな縁で、道北アークスとの出会い。

小野さんが食料品を届けていたのは、まさに道北アークスが運営する系列店でした。店には沼田町出身のスタッフも勤務していて、かつてほろしん温泉で働いていた小野さんのことを覚えていたのだそう。こうして「沼田町出身の小野さんが配送トラックに乗っている」という噂が、社内に広まることとなりました。
ちょうど同じ頃、道北アークスでは新たにオープンする「ダ*マルシェぬまた店」の人材確保が急ピッチで進められていました。小野さんの噂はダ*マルシェの店舗開発に取り組んでいた選任マネジャー富樫さんの耳にも入りました。

shinmaitentyo_numata_4.jpg「小野さんの噂を聞き、店長はこの人しかいない!と思ったんです」と富樫マネジャー。

安心して働ける場を求め、転職を決意。

「富樫さんから連絡をもらったのはオープン2カ月前の2月頃だったと思います。地元にできる新しいスーパーで働いて欲しいと言われた時は、正直戸惑いました。接客業という意味ではホテルも同じですが、小売業の経験は一切ありませんから」
しかし、一方で、小野さんの胸には「いつまで今の仕事を続けられるか?」という不安もありました。当時、小野さんは沼田町から旭川まで車で通勤していました。深夜勤務のため、自宅を出るのは真夜中。冬場は道路が雪に覆われ、迂回を余儀なくされたことも一度や二度ではなかったと言います。
「もし吹雪にでも巻き込まれて、身動きが取れなくなったら...と、命の危険を感じたこともありました」
家族のためにも安心して働ける環境を得られたらと考えた小野さんは、約1カ月悩んだ末に、富樫さんの申し出を受けることにしました。
「不安を挙げればキリがない、前向きに、良いことだけを考えようと思ったんです。自宅から徒歩で通えるのは魅力的だし、トラックの仕事も未経験ながらなんとかこなせた。スーパーの仕事もなんとかなるんじゃないかと思って。それにもし、うまく出来なくても、きっと会社の人が助けてくれるだろうと、開き直りにも似た気持ちがありました(笑)」

shinmaitentyo_numata_5.jpg

「あんたが店長をやるなら安心」の言葉に思わず感動。

地方で生まれ育った若者の多くが、進学や就職のために都会に出ることが当たり前になっているこの時代。小野さんのような働き方は、ある意味、珍しいケースといえます。
「地元で働く理由ですか?家から歩いて通える職場であることも大きいですが、どこかに地元に貢献したいという気持ちもあったと思います。人口がどんどん減っていくという町の状況をただ見ているだけでなく、自分にも何かできることがあるんじゃないかって」
そんな小野さんの気持ちを象徴するようなエピソードがあります。ダ*マルシェぬまた店のオープン初日。店にはたくさんの地元住民が詰めかけ、その中には小野さんを古くから知る顔馴染みもチラホラ。
「ほろしん温泉時代の私を知る方から『あんたが店長をやるなら安心』と言われた時は思わずジーンときましたね。これがもし、沼田のことを全く知らない人が店長だったとしたら、どうなっていただろうと。自分がここで働く意味はこれなのかなと思いました」

shinmaitentyo_numata_6.jpg

自分を成長させることが地元への恩返し。

最後に店長として、今後へ向けての意気込みを聞いてみました。
「まだまだ自分は素人なので、地元の皆さんの助けを借りることは多いと思います。なので、しっかり自分を成長させて町に恩返しをすることが目標ですね。もちろん、お店である以上、数字を確保することも課題。『沼田カラー』を意識した店づくりに取り組んでいきたいと思っています」

shinmaitentyo_numata_7.jpg

ダ*マルシェ 沼田店
住所

北海道雨竜郡沼田町北1条4丁目2-2

電話

0164-36-2000

地図を元に戻す / GoogleMapで開く


「生まれも育ちも沼田町」な新米店長奮闘記!

この記事は2017年8月30日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。