HOME>このまちのあの企業、あの製品>激旨ホルモンがネットショップ人気No.1に!(有)大畠精肉店

このまちのあの企業、あの製品
新十津川町

激旨ホルモンがネットショップ人気No.1に!(有)大畠精肉店20190517

激旨ホルモンがネットショップ人気No.1に!(有)大畠精肉店

滝川市内の中心部から日本海側の浜益へ向かう国道451号。この道を西へ向かって石狩川を越えると、向こう岸は新十津川町。新十津川町といえば、全国にファンがいる地酒「金滴」が有名。でもでも!その金滴酒造の目と鼻の先にあるお肉屋さんも要チェック。その名も大畠精肉店。一見すると、どこにでもある地元のお肉屋さん風ですが、実は大手ネットショッピングサイトで人気ナンバーワンになるほどのお店。これは素通りするわけにはいきません!

bear_oohataseinikuten_2.JPG

きっかけは近所で評判になったホルモン!

人気商品は熟練の職人が手間ひまかけてつくるホルモン。時間をかけて洗浄を行うため臭みが少なく、ジューシーな脂の旨味を楽しむことができます。そんな当社ですが、もともとお肉屋さんではなかったそうな...。さっそく代表取締役の大畠光敬さんにお話を聞いてみました。

bear_oohataseinikuten_3.JPG

「肉屋を始めたのは昭和50年。それまでは3代続いた蹄鉄業でした。父の代は養豚も行っていて、その当時は豚を卸した時、精肉は業者に買い取ってもらいますが、いわゆるモツ類は売る側の自由にして良かったそうです。父はホルモンが好きだったので、持ち帰って家で食べ、食べきれない分は近所に配っていたそう。タレは自家製で母がいろいろ工夫し、そんなお肉が近所で評判になったと言います。『大畠がつくるホルモンが旨い!』と。既に蹄鉄業は斜陽でしたから、父は一念発起。精肉店へと商売を変えたのが始まりなんです」

bear_oohataseinikuten_4.JPG

物心ついたころにはもう精肉店になっていたので、将来は家業を継ぐのが当たり前と思っていたという大畠さん。大学卒業後に札幌のデパートがある精肉店に勤務し、3年半ほど修行したそうです。
「都会ではどんな肉が求められるか、トレンドはどんなか、とても勉強になりました。こちらに戻ってからはホルモンの仕込みを担当。ウチの職人さんにイチから仕事を教わりました」

bear_oohataseinikuten_5.JPG

ホルモンは下処理が肝心!

看板商品の豚ホルモンは創業当時からほとんど製法を変えていなく、おいしさのヒミツは丁寧な下処理にあります。
「ウチでは原料の大腸や小腸を1時間以上かけてしっかりと洗浄。更に、洗っただけでは取りきれない汚れを職人が目で見て確認し、一つひとつ包丁で丁寧に取り除きます。きれいになったホルモンからは臭みも消え、脂の旨味をしっかり楽しめるようになります」

bear_oohataseinikuten_6.JPG

先代である、お母様の美智子さんがこだわったタレも健在。
「ウチは醤油ベースのタレに玉ねぎ、にんじんなど地元産の野菜を加え、更に深川で栽培が盛んなリンゴ果汁を加えて仕上げています。ホルモンは脂が多いので、リンゴの酸味が利いたサッパリしたタレとの相性が良いんですよね」

bear_oohataseinikuten_7.jpg

皆さんに味わっていただける機会を増やしたい。

好評のネット販売についてもお聞きしたところ「全国的なニーズを視野に入れ、牛ホルモンの取り扱いをスタートし、さらに豚で培ったノウハウを生かして、食べやすさにこだわりました」という大畠さん。
「焼肉用、モツ鍋用を用意し、そのころパッケージもリニューアル。更に、スープと麺もオリジナル商品を開発し、モツ鍋セットの販売を始めました」

bear_oohataseinikuten_8.jpg

さらに、新たな商品開発などを通じ「大畠の肉」を皆さんに味わっていただける機会を増やしていきたいと大畠さんは言います。
「ウチの商品をもっとたくさんの人に知っていただけるよう、チャレンジを続けていかなければなりません。今はモツ鍋用の肉も扱っていますが、主力は焼肉用。屋外でのバーベキューなど夏場は需要が高いのですが、冬場の需要をいかに底上げするかが今後の課題です」

bear_oohataseinikuten_9.JPG

従業員とも家族同然の付き合い。

前代表取締役の大畠美智子さんにもお話を聞きました。

「ウチはもともと家族で始めたお肉屋さんだから、会社と言ってもとても家族的。自宅と職場の区別も曖昧だし、今の社長も子どものころはよく従業員に面倒を見てもらっていました(笑)」

bear_oohataseinikuten_10.JPG

従業員はほとんど地元の方だそうで、結びつきが強いのだとか。
一度雇ったからにはできるだけ長く働いてもらいたい...というのが当社の考え。お店を離れた方とも交流が続いているそうです。

「肉屋の仕事ってなかなか重労働。大量のホルモンを洗うには体力が要るし、若い人のチカラが必要。下処理も簡単なように見えるかもしれないけど、すぐできる仕事じゃありません。じっくりと仕事を覚えていってほしいですね。
従業員もここ数年で代替わりが進み、先代のころから働いてくれたベテランが抜けて若い人が入ってくれています。今の社長は新しい商品開発にも積極的だから、若い人のアイデアを生かしてお店を育てていってほしいです」

bear_oohataseinikuten_11.JPG

有限会社大畠精肉店
住所

北海道樺戸郡新十津川町中央70-29

電話

0125-76-2929

URL

http://www.ohata-seinikuten.com/


激旨ホルモンがネットショップ人気No.1に!(有)大畠精肉店

この記事は2014年11月21日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。