個性まちまち、179のまち
胆振

白老町20161005

白老町白老とは、アイヌ語で「虻(あぶ)の多いところ」と言う意味の言葉「シラウオイ」からきたと言われています。
町は東西に細長く伸びています。その面積の約75%を森林が占め、海、川、山、森と様々な自然にあふれたのどかな街です。
白老の気候は穏やかで、夏は涼しく冬の積雪もあまり多くありません。
自然が織りなす豊かな風景は、四季折々で様々な表情を楽しむことができます。

まちデータ

  • 人口:17,973人
  • 面積:425.64平方Km
  • 北海道でのまちの大きさランキング:78位

アクセス

  • 札幌から:約86km(車で約1時間10分)
    ※札幌市内から高速。最寄りインター:白老IC
  • 苫小牧から:約30km(車で約30分)
    ※苫小牧から高速。最寄りインター:白老IC
  • 東京から:[最寄り空港]新千歳空港より約52km(車で約40分)
    ※フライト時間は約1時間35分

高校・大学

  • 北海道白老東高等学校
  • 学校法人佐藤栄学園 北海道栄高等学校(私立)

スポット・特徴

  • 飛生芸術祭
  • クッタラ湖(日本の重要湿地500)
  • ホロホロ湿原(日本の重要湿地500)
  • ヨコスト湿原(日本の重要湿地500)
  • アヨロ海岸
  • ポロトコタン(アイヌ民族博物館)
  • ポロトの森

特産品

白老牛 / 虎杖浜たらこ / 競走馬

白老町役場
住所

北海道白老郡白老町大町1丁目1番1号

電話

0144-82-2121

URL

http://www.town.shiraoi.hokkaido.jp/

地図を元に戻す / GoogleMapで開く


白老町

この記事は2016年8月1日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。