HOME>このまちのあの企業、あの製品>最先端の工場だけど、働く人は人間味たっぷり!トルク精密工業

このまちのあの企業、あの製品
赤平市

最先端の工場だけど、働く人は人間味たっぷり!トルク精密工業20161005

最先端の工場だけど、働く人は人間味たっぷり!トルク精密工業

成長をあたたかく見守る、やさしい上司や先輩

トルク精密工業は、神奈川県に本社を置くトルク工業のプレス加工拠点として、昭和62年に誕生しました。工場内には高速プレス機や横型・竪型射出成形マシンなどがズラリ。パッと見は『オトコの職場』な雰囲気ですが、女性スタッフもかなり多いようです。
「私も初めはすごい数の機械に圧倒されて、『ムリ』って思いました(笑)。でも、うちの会社はスタッフの4割くらいが女性なんですよ」冗談めかして笑うのは入社7年目の吉田みき奈さん。生まれも育ちも赤平です。赤平高校卒業後、先生の紹介でトルク精密工業に入社しました。
「赤平はご年配の方も多く、昔ながらのあったかいふれあいが残っているまち。私はこの雰囲気が大好きなので、地元で就職しようと決めていました」トルク精密工業は車のパーツや医療器具の部品、インフルエンザ検査用の容器など、幅広い製品を手がけています。吉田さんは入社時から車の部品作りに携わっています。
「新人時代は先輩に付きっきりで仕事を教わりました。けれど、『ちょっと続きをやっていてね』と一人にされると不安で不安で...。作業自体は部品のセットや機械のオペレーションなど難しくないのですが、なんだか気ばかり焦っちゃって」とはいえ、吉田さんが「怒られた記憶がないくらい」と振り返るほど先輩や上司はやさしく、成長をあたたかく見守ってくれていたようです。

ATスイッチ作りは、人命を預かるシゴト

torukuseimitsu10.JPG

吉田さんの今の持ち場は、車のATスイッチを製造する部門。シフトレバーが「P」や「D」など、どの位置にあるのかを表示するための重要なパーツです。トルク精密工業製のATスイッチは多くのメーカーに品質を評価され、シェアも飛び抜けています。
「同じ製品を繰り返し作り続けていると、集中力が途切れそうになることもあります。そんな時、私はこのATスイッチを搭載した車に乗る人のことを思い浮かべるんです。人の命を預かるシゴトなんだから、ミスも不良もなく完璧なものに仕上げようって気が引き締まりますね」作業の時間はひたすら機械と向き合う分、休憩中は『おしゃべり欲』がバクハツするのだとか。女性スタッフが休憩室に集まって、和気あいあいと過ごす時間が吉田さんの楽しみの一つです。
「私のお母さん世代の先輩方はお世話好きのいい人ばかり。『キュウリが採れたから漬物にしたよ』なんて言って食べさせてくれたり(笑)」会社に来るのが楽しいと思えるのは、すてきな人間関係のおかげ。同社は技能士資格の取得をバックアップする人材教育体制を整えている上、社内の雰囲気作りにも力を入れています。
「うちの会社は基本的に土日が休みなので、みんなで集まれるようなイベントも多いんですよ。東京スカイツリーが完成した時は見学ツアーに連れて行ってくれたり、創業40周年を迎えた際には台湾旅行に出かけたり。忘年会のビンゴの景品も豪華で、去年はホームベーカリーをゲットしましたよ!」

ずっと働き続けたい、と思える職場

torukuseimitsu8.JPG

吉田さんが働いているのは、車のパーツ作りをメインとする宮下工場。一方、市内の茂尻地区にある本社工場では医療用品やスーツケースのキャスターなどを製造しています。とりわけ医療用品は衛生面を徹底した管理体制のもと、ロボットを使った製造システムを確立しているというからオドロキです。
「自動化が進んでいる工場だからといって人間まで機械的...なんてことにはならないのがうちの会社。上司も率先して掃除をしてくれますし、小さな悩みでもとことん耳を傾けてくれます。働くスタッフは人間味がたっぷりなんですよね」最近は高校生のインターンシップの受け入れや新卒の採用など、若者に積極的にアプローチしている同社。吉田さんは入社から3年ほどは一番の若手でしたが、今は年齢の近い後輩もでき、仕事後によく食事に行くと笑顔を見せます。
「私は、うちの会社にしか勤めたことがありませんが、軽作業がメインで、しかも働きやすい人間関係の工場ってそれほど多くない気がします。将来的に結婚・出産することになっても、ずっと勤め続けたいと思える環境です」
赤平のまちが大好きで、トルク精密工業も大好きな吉田さん。機械と真剣に向き合っている勤務中も、どこか幸せそうな表情が浮かんでいるようでした。

任されることに意欲を感じる人が成長していけます。

torukuseimitsu7.JPG執行役員 開発営業部 部長 神保司さん

「当社はマンツーマンの指導スタイルや資格取得のバックアップなど、人材育成に力を入れてきたことが躍進の原動力になっています。言い換えると、知識や技術は入社後に十分に身に付けられるということ。工場では社歴が浅くても機械の立ち上げから製造、後片付けまですべて一人で行います。もちろん、困った時には上司が手を差し伸べますが、任された仕事を『やり切る』ことにモチベーションを覚えるタイプが成長していくのではないでしょうか。」

トルク精密工業株式会社
トルク精密工業株式会社
住所

北海道赤平市茂尻旭町1丁目5番地

電話

0125-32-5222

URL

http://torc-p.co.jp/index.htm

【事業内容】金属プレス加工、樹脂成形加工、プレス金型製作、射出成形金型製作(ス-ツケ-ス部品、電気電子部品、自動車部品、医
療用品、建築用品 ほか


最先端の工場だけど、働く人は人間味たっぷり!トルク精密工業

この記事は2016年7月25日時点(取材時)の情報に基づいて構成されています。自治体や取材先の事情により、記事の内容が現在の状況と異なる場合もございますので予めご了承ください。